中日・松坂 今季2度目の登板は初回1死しか取れず8失点KO 3球で先制許し、DeNA打線の餌食に

[ 2019年7月27日 14:37 ]

セ・リーグ   中日―DeNA ( 2019年7月27日    ナゴヤD )

中日・松坂
Photo By スポニチ

 中日の松坂大輔投手(38)がDeNA戦(ナゴヤD)で今季2度目となる先発マウンドに上がったが、初回に8安打を浴びて8点を失い、わずか1死しか取れずに降板した。2/3回での降板は過去2度あるが、1/3回での降板はプロ最短。

 初回、1番・乙坂に初球を中前へ運ばれると、続く2番・筒香には2球目を中越え二塁打されてわずか3球で先制点を献上。3番・ソトにも2球目を右前打されて一、三塁としてから4番・ロペスには4球目を左前適時打されて9球で2点目を失った。

 5番・宮崎は一邪飛に打ち取ったが、6番・伊藤光には2球目が死球となって満塁。7番・大和の当たりは中前へポトリと落ちる適時打となって3失点目。8番に入っていた先発投手の石田にも右前適時打を許すと、9番・石川にも右前適時打、打者一巡となった1番・乙坂にはこのイニング2安打目となる左前適時打を許して6点を失うと、ここで降板。2番手・三ツ間がソトに2点適時打を許して松坂に8失点が記録された。

 松坂の投球内容は1/3で打者10人に対して32球を投げ、8安打8失点。奪三振はなく、1死球だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月27日のニュース