【和歌山】春8強の市和歌山が惜敗 8回同点に追いつくも力尽く

[ 2019年7月27日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 和歌山大会準々決勝   市和歌山3―4南部 ( 2019年7月26日 )

 今春センバツ8強校の市和歌山(和歌山)が南部に惜敗し春夏連続出場はならなかった。8回に3番手のエース左腕・岩本に代打を送る勝負手が実り同点としたが、9回から救援した1年生の小園が2死三塁から決勝二塁打を浴びた。

 主将で捕手の米田は「力で押そうと思ったが、真ん中に入った。もっと上を目指せる選手なので頑張ってほしい」と話し、試合後に号泣した後輩の成長を願った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月27日のニュース