ソフトB千賀、今季ワースト3被弾で6失点「打たれたのは全て失投」

[ 2019年7月27日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―6オリックス ( 2019年7月26日    ヤフオクD )

3回2死、吉田正にソロを浴びる千賀(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・千賀が7回を投げて今季ワーストの3本塁打を浴びて6失点。4敗目に「自分の中で調子は良かった。打たれたのは全て失投」と唇をかんだ。

 初回に吉田正に154キロの直球を右中間へ2ランされ、3回にもスライダーを吉田正に右中間に運ばれた。さらに2死二塁からは打ち取ったゴロを自ら落球した上に送球ミスで失点するなど、リズムは取り戻せなかった。後半戦は3勝7敗で、2位・日本ハムとのゲーム差は、1.5に縮まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月27日のニュース