佐々木の登板回避にメジャー勢も反応 ダル「予選5月からやればいい」

[ 2019年7月27日 05:30 ]

カブスのダルビッシュ(AP)
Photo By スポニチ

 マリナーズ・菊池が大船渡・佐々木の登板回避に一定の理解を示した。「そういう日程にさせてしまっていることを、もう少し全体的に考えていかないと。そういう時期に来ているのではと感じます」と過密日程の改善を切望した。

 一方、決勝で大船渡を下した母校・花巻東については笑顔で祝福。自宅で観戦したそうで「生中継をやっていたので家で最初から最後まで見た」。26日(日本時間27日午前11時10分開始予定)のタイガース戦に先発する左腕は「(甲子園では)最後まで諦めずに頑張ってほしい。僕自身も後輩たちに元気をもらいました」と話した。

 また、カブスのダルビッシュは自身のツイッターで「春の地方大会やめて、夏の県大会予選5月からやればいいやん」とツイート。「1回戦と2回戦の間10日ぐらい空きそう笑」ともつづった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月27日のニュース