【27日のファーム情報】ヤクルト・館山6回無失点で3勝目 西武はドラフト3位・山野辺がサヨナラ犠飛

[ 2019年7月27日 17:55 ]

 プロ野球のファームは27日、交流戦を含めてイースタン、ウエスタン両リーグで計6試合が行われた。

 ヤクルトはDeNA戦(戸田)に1―0。4回に西田の適時打で挙げた1点を5投手のリレーで守った。先発・館山は6回2安打無失点の好投で3勝目(4敗)。DeNA先発・浜矢は4回4安打1失点で勝ち星なしの5敗目(2セーブ)。

 日本ハムは楽天戦(宮城県利府町)に6―5。白村が5回の3号ソロなど3安打2打点。ドラフト4位・万波が3安打1打点。先発・上原は5回5安打3失点で2勝目(1敗)を挙げた。楽天は育成選手のフェルナンドが初回の9号ソロなど3安打。先発・釜田は2回3安打1失点だった。

 西武はロッテ戦(西武第2)に2―1でサヨナラ勝ち。9回1死満塁からドラフト3位・山野辺がサヨナラの右犠飛を放った。先発・榎田は4回3安打無失点で5奪三振。ロッテ先発のドラフト5位・中村稔は7回7安打1失点。

 広島―オリックス戦(由宇)は延長10回、6―6の引き分け。広島先発・山口は6回9安打6失点。育成選手の大盛が3安打1打点だった。オリックスは西浦が5安打1打点。先発・張奕は5回0/3を6安打4失点(自責3)。

 中日はナイターの阪神戦(レクザムボールパーク丸亀)に8―1。先発のドラフト2位・梅津が8回8安打10奪三振1失点で2勝目を挙げた。ドラフト1位・根尾は5打数ノーヒットで3三振。阪神先発・馬場は5回6安打5失点(自責4)で4敗目(4勝)。

 ソフトバンク―巨人の交流戦(タマスタ筑後)は延長10回、1―1の引き分け。ソフトバンク先発・中田は5回3安打1失点。三森、塚田がともに3安打。巨人先発・高田は6回7安打1失点だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月27日のニュース