【岡山】創志学園・西、自己最速154キロ、8回10Kも敗戦 残る“ビッグ4”は星稜・奥川のみ

[ 2019年7月27日 16:30 ]

第101回全国高校野球選手権岡山大会準決勝   創志学園0―2倉敷商 ( 2019年7月27日    倉敷マスカット )

<岡山大会準決勝 倉敷商・創志学園>準決勝敗退となり、涙のナインをなぐさめる創志学園・西(右)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト1位候補の創志学園・西純矢投手(3年)が散った。8回を投げ10三振を奪って完投したが、打線の援護に恵まれなかった。

 4回2死満塁のピンチを3球三振で切り抜けるなど、球場表示でこれまでの自己最速を1キロ上回る154キロをマーク。しかし、6回に犠飛で先制されると、7回にも適時打で追加点を許した。

 西は序盤から直球主体で押す内容。準々決勝から中1日の疲労を感じさせなかったが「(5回終了の)整備後から腕が振れなくなった」と振り返った。試合後は泣き崩れる選手たちに肩を貸しながら、笑顔で感謝の言葉をかけた。「自分は泣いて終わるよりも、笑って終わりたかった」。取材の場でも最後まで涙はなかった。

 これで今年のドラフト上位候補に挙がる高校生投手の“ビッグ4”は、大船渡・佐々木朗希投手、横浜・及川雅貴投手に続く地方大会での敗退。残るは石川大会で決勝進出を決めた星稜・奥川恭伸投手のみとなった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月27日のニュース