DeNA連敗で今季最多借金11 捕手交代はラミレス監督「何かを変えないと」先発の京山は2軍降格

[ 2019年5月12日 17:42 ]

セ・リーグ   DeNA1―8広島 ( 2019年5月12日    マツダ )

<広・D>選手交代を告げベンチに戻るラミレス監督 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 DeNAは連敗を喫して、借金は今季最多の「11」となった。

 0―4の2回途中で捕手を戸柱から伊藤光に代えた采配について、ラミレス監督は「流れが広島にいっていた。何かを変えないといけなかった」と説明した。

 先発の京山は3回7安打5失点。試合後には2軍再調整が決まった。3回にボークを犯して失点につながるなど4敗目を喫した3年目右腕は「バッターに集中できなかった」と声を絞り出した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月12日のニュース