中日・大島 勝ち越しの適時三塁打!初先発の清水を援護

[ 2019年5月12日 15:16 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2019年5月12日    甲子園 )

<神・中(9)>初回1死満塁、高橋は右翼線に先制の2点適時二塁打を放つ撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 中日・大島が2―2で迎えた2回、勝ち越しの適時三塁打を放った。

 先頭・加藤が中前打で出塁すると、2死二塁の好機から左翼手と中堅手の間を絶妙に割る打球を飛ばし、一気に三塁を陥れた。「良い所に飛んでくれました。今日は先発投手が若い清水なので1点でも多く点を取り、少しでも早く楽にしてあげたいです」と、プロ初先発の清水へさらなる援護を誓っていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月12日のニュース