大谷 4戦連続「3番・DH」も5の0 前日2安打から一転

[ 2019年5月12日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス8―3オリオールズ ( 2019年5月10日    ボルティモア )

<オリオールズ・エンゼルス>9回、左飛に倒れた大谷
Photo By 共同

 エンゼルス・大谷は4戦連続で「3番・DH」で出場し5打数無安打だった。前日に今季初安打を含む2安打を放ち「(打席の中で)立っている感じも凄く良かった。より良くしていければ安打も本塁打も出てくれる」と話していたが、勢いに乗り切れなかった。先発右腕ストレイリーに対し、初回、3回と2打席連続で三振。5回1死二、三塁では2番手右腕フィリップスの96マイル(約154キロ)直球を捉えたが、右寄りの内野シフトに阻まれ、遊ゴロに倒れた。

 7回開始直前には突然の豪雨で中断。1時間49分後に再開し、9回に5打席目が回ってきたが左飛に倒れた。試合終了は日付をまたぎ深夜0時1分だった。メジャー2年目で初めてボルティモアでプレー。元祖二刀流ベーブ・ルース生誕の地で復活のきっかけをつかみたい。(ボルティモア・柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月12日のニュース