PL学園・桑田真澄氏 「4番・投手」で先発、けん制で刺すなど勝利に貢献 マスターズ甲子園予選

[ 2019年5月12日 19:50 ]

<PL学園・春日丘>1回表先発登板し力投するPL・桑田氏(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 「マスターズ甲子園2019」出場を目指すPL学園硬式野球部OBチームが12日、予選2回戦に挑み、前年度予選優勝の春日丘に14ー9で逆転勝利。3回戦進出を果たした。

 1回戦を欠場した硬式野球部OB会会長の元巨人・桑田真澄氏が「4番・投手」で公式戦初先発し、けん制で一塁走者をアウトにするなど、みなと堺球場に詰めかけた多くの観衆を沸かせた。

 「マウンド状態が悪くて苦労した」と苦笑いして振り返った通り、先頭打者へストレートの四球を与えたが、2番打者への初球を投げ込む前に「けん制する気はなかったが、ランナーのリードが大きいと思って体が勝手に動いた」と鋭いけん制球。見事に一塁走者を刺した。その後2死二塁から一塁後方への不運な当たりで1失点こそしたものの、スライダー、カーブを巧みに操り最少失点に抑えた。2回からは遊撃の守備についた。
 
 打線は「逆転のPL」を表すかのごとく、初回に一挙6点を奪い逆転。その後も追加点を重ね、試合の主導権を握り続けた。桑田氏は一ゴロ野選と四球で「シニア」カテゴリーの時間制限により2回で交代した。

 試合後「昔の仲間、先輩や後輩と一緒に戦えて嬉しかった。」と笑顔で話した桑田氏は、次戦の6月30日に行われる富田林との試合については「予定が調整できれば」とした。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月12日のニュース