巨人・メルセデス 8回途中3失点&2安打奮闘も無援2敗 宮本コーチは「合格点」

[ 2019年5月12日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―3ヤクルト ( 2019年5月11日    東京D )

巨人先発のメルセデス(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 巨人先発のメルセデスは8回途中3失点と粘ったが、2敗目を喫した。4回1死から村上にソロを浴び、2死満塁から太田の左前打で2点を失った。「内角に投げきろうと思って投げた。結果として打者が自分よりもうまかった」。

 打撃では2安打を放ち「運が良かった」と振り返った。宮本投手総合コーチは「攻めた中での結果。8回途中まで投げたのは凄く評価できる。合格点をあげたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月12日のニュース