ロッテ敗戦より痛い正捕手・田村の離脱 右太腿裏痛め途中交代 井口監督「時間かかるかも」

[ 2019年5月12日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2-4ソフトバンク ( 2019年5月11日    ヤフオクD )

6回、遊撃内野安打を放った田村は一塁へ滑り込み足を痛める(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ロッテにとって、連勝が4で止まったことより痛かった。6回無死一塁、遊撃内野安打の田村は一塁へ体を倒しながら滑り込んだ際、右太腿裏を痛めて途中交代。井口監督は「(復帰は)時間がかかるかもしれない」と出場選手登録を抹消することを示唆した。

 田村は正捕手として32試合に出場し、打率・198、1本塁打、6打点だった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月12日のニュース