【隠しマイク】日本ハム・栗山監督“死語”間一髪セーフ「ダウンのチョ…」

[ 2019年5月12日 08:30 ]

日本ハム・栗山監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ◎日本ハム・木田投手チーフコーチは9日のオリックス戦で危険球退場のロドリゲスについて「俺がつくったルールだから申し訳ない、と謝ったよ」。94年5月11日、巨人の先発を務めたヤクルト戦で死球絡みの乱闘が続発し、セ・リーグは「故意・過失を問わず頭部死球を与えた投手は退場」というアグリーメントを設けました(02年に変更)。

 ◎試合前練習中に青いシャツに青いシューズで阪神の取材をしていたテレビ局の女性ディレクターを見た梅野は「ブルーやな…」とポツリ。この日は中日戦です。

 ◎まだまだ肌寒い気候が続く北海道。日本ハム・栗山監督は「家では暖房もつけてるし、ダウンのチョ…、ベストも着てるよ」。辛うじて「死語」が出るのを防ぎました。

 ◎気温27度まで上昇した、ほっと神戸での試合前練習を汗だくで終えた楽天・高梨。「暑ーい!記者の皆さんもクーラーの効いた部屋で原稿書いた方がいいですよ」。お心遣いありがとうございます。

 ◎ロッテ・松永は記者が頭に乗せている眼鏡を指さし「ちゃんとかけておかないと、どこに行ったか分からなくなりますよ」。そこまでおじいちゃんではありません。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月12日のニュース