【スポニチ大会】三菱日立PS・江越海地 2戦連発で兄と“アベック弾”

[ 2019年3月13日 20:20 ]

第74回JABA東京スポニチ大会予選リーグ   三菱日立パワーシステムズ10―1東海理化 ( 2019年3月13日    横浜 )

<東海理化・三菱日立PS>5回1死、右越えソロを放つ三菱日立PSの江越海(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 三菱日立PSの1番打者で、阪神・江越の弟・海地(かいち)外野手(24)が前日の東京ガス戦から2試合連発の大当たりだ。8―1と大量リードの5回に右越えソロ。「(カウント2―2と)追い込まれたのでポイントを引き付けて打った。感触は十分。状態がいいので続けていきたい」。兄・大賀もこの日行われた春季教育リーグの広島戦で本塁打を放っており「本当ですか」と目を輝かせた。

 チームは3連勝で決勝トーナメント進出。後藤隆之監督(48)は「今年はオープン戦を3試合しかできなかったが、実戦(の中)で調整できる」と喜んでいた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年3月13日のニュース