広島・中村恭 連投チーム一番乗りでアピール成功

[ 2019年3月13日 20:16 ]

オープン戦   広島5―1日本ハム ( 2019年3月13日    マツダ )

<広・日>5回に登板した中村恭は3者凡退に抑える (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・中村恭平投手(29)は5回に2番手として登板し、三者凡退でまたしてもアピールに成功した。

 最速は149キロと球威が抜群。「真っすぐで勝負していくタイプなので」と強気に押した。

 1軍合流即の登板となった前日12日同戦に続く連投。一岡、中崎に加えてフランスアら助っ人は、今週中の連投は見送られる方針とあって、中村恭が今春チーム一番乗りの連投となった。

 現在、ロングリリーフでの起用が見込まれる矢崎がオープン戦4試合で防御率16・20と調子が下降気味。昨季は、先発とロングリリーフもこなした左腕の開幕1軍が見えてきた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年3月13日のニュース