【隠しマイク】侍Jで学んだのは…「発音だけは良くなったな」

[ 2019年3月13日 09:50 ]

10日のメキシコ戦で二盗を決めたオリックス・大城(右)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ◎侍ジャパンの強化試合、メキシコ戦に出場していたオリックス・大城がチームに合流。風岡ヘッドコーチは「アイガリッ(I Got it)の発音だけは良くなったな」。国際経験を積んだ…ということでしょうか。

 ◎侍ジャパンから戻ったロッテ・田村に鳥越ヘッドコーチが「おまえがいない間に江村のTシャツができてもうたで」。新設したホームランラグーン1号は公式戦0本塁打の9年目捕手でした。

 ◎巨人は、打撃練習の開始を告げる「バッティング、いきまーす!」の声にナインが拍手。この日はビヤヌエバが覚え立ての日本語で号令しました。

 ◎楽天の新外国人・ブラッシュは、花粉症でマスクをしている記者に「カフンショウ?エブリワン!」。日本の春は大変なんです。

 ◎今季からマスコットバットを黄色に変えた中日・藤井。理由を尋ねると「お金がたまりそうでしょ?」。イメージは打ち出の小づちですね。

 ◎左手首に受けた死球の影響で欠場していた西武の山川。記者に手首の調子を問われると「痛いですよ。手術しました。と見せかけて実は二重整形手術してました。ほらね」。元々、二重です。手はもう大丈夫なようで安心しました。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年3月13日のニュース