札幌第一 左腕・斉川、甲子園メンバー入り

[ 2019年3月13日 12:19 ]

ベンチ入りを決めた札幌第一の斉川(左)と和泉
Photo By スポニチ

 札幌第一は12日、甲子園メンバーを発表した。昨秋から2人が入れ替わり、初ベンチ入りを決めた左腕の斉川夢大(ゆめた、1年)は「任されたイニングはゼロに抑える」と意気込みを口にした。

 持ち味の制球の良さで今月の静岡合宿の対外試合で好投し、夢をつかんだ。父・義章さん(47)は野球部の外部トレーナーを務めており“父子鷹”での聖地だ。「いつも父には怒られてばかりだったが親孝行できてよかった」と斉川。菊池雄人監督(46)は「丁寧に投げてくれれば」と期待を寄せた。

 同じく初ベンチ入りの和泉直人外野手(2年)とともにチームの力になる。大きい夢を持ってほしいとの願いが込められた“夢大”は「甲子園のマウンドに立ちたい」と憧れの地に思いをはせた。 (竹内 敦子)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月13日のニュース