阪神 秋山、教育Lで3回完全 逆転開幕ローテ入りも

[ 2019年3月13日 08:50 ]

春季教育リーグ   阪神0―1広島 ( 2019年3月12日    由宇 )

阪神・秋山(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 右膝手術からの復活を目指す阪神・秋山が12日、教育リーグ・広島戦(由宇)に先発し3回を完全投球。最終3回の3者連続三振を含む5奪三振と格の違いを見せつけた。

 「1球1球意図を持って投げ分けられた」

 昨年10月に受けた手術の影響で春季キャンプは2軍スタート。開幕後の1軍復帰を視野に調整を進めてきたが、想像以上に早い仕上がりを見せている。次回は19日のウエスタン・リーグ中日戦(鳴尾浜)に先発して5イニングを投げる予定。ここでも快投すれば、登板間隔的に開幕2カード目、4月2日からの巨人3連戦(東京ドーム)が見えてくる。

 開幕ローテーションを争うライバルの1人だった藤浪の2軍落ちが決定。秋山が逆転で滑りこむ可能性は、かなり高まってきた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月13日のニュース