楽天・松井、全快150キロ 腰痛もう大丈夫 守護神最有力

[ 2019年3月13日 05:30 ]

オープン戦   楽天7―1DeNA ( 2019年3月12日    静岡 )

3番手で登板し最後をピシャリと締めた松井(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 腰痛で別メニュー調整が続いていた楽天の守護神候補・松井が、ようやく初実戦のマウンドに立った。9回。1人目の細川には、意図的に力んで投げた。「試合の中で痛みが出ないか怖い気持ちはあった。力強く投げて、痛みが出ないか確認した」。初球の146キロ直球は高めに浮いた。2ボール1ストライクからチェンジアップで二飛に打ち取ると、不安は消えた。

 2人目の青柳への2球目はこの日最速の150キロをマーク。「いくら150キロを投げてもボール球だと意味がない」と振り返ったが、スピードも威力も十分。最後の打者・知野には今年から曲がりを小さく改良したスライダーで見逃し三振を奪い、13球で試合を締めた。

 沖縄・金武キャンプ中の2月19日に腰痛を訴えた。投球練習を再開したのは3月5日だった。平石監督の「調整が遅れているわけではないから、焦る必要はない」という言葉を信じ、コンディションの回復を最優先させた。昨季18セーブのハーマンらと守護神を争うが、ベンチから投球を見守った指揮官は「(クローザーの)最有力はあいつだと思ってる」と信頼を口にした。

 オフにともに自主トレを行う則本昂が11日に右肘手術を受けた。「則本さんが戻ってきた時に加速できるように、いい順位で戦っていたい」と松井。オープン戦は残り9試合。限られた時間でさらに状態を上げていく。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年3月13日のニュース