輝星、バット折った!143キロ直球でピンチ一刀両断

[ 2019年3月13日 05:30 ]

春季教育リーグ   日本ハム5-0楽天 ( 2019年3月12日    鎌ケ谷 )

回1死一、二塁、代打・橋本(左)のバットを折り二併に打ち取る吉田輝(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18=金足農)が12日、千葉県鎌ケ谷市で行われた春季教育リーグの楽天戦で対外試合初登板。7回から4番手で登板し、1回1安打無失点だった。20球のうち、18球が直球で2球がツーシームという真っ向勝負の中で「切れ重視」と「球速重視」の2種の直球を駆使。公式戦デビューは19日のイースタン・リーグ、ヤクルト戦(鎌ケ谷)に決まった。

 7回1死一、二塁。吉田輝が代打・橋本へ投じた3球目、143キロ直球の球威はホームベース上でも衰えず、バットをへし折った。二ゴロ併殺でピンチを脱した。質を求めた1球であったことを明かした。

 「質を重視して145キロ(前後)まで出ればいいカウントを取る直球と、150キロ出したい直球を投げ分けた。遅くても切れが良かったから打ち取れた」

 昨年夏の甲子園を沸かせたのは「3段階ある」と話した場面に応じたギアチェンジだった。その投球を対外試合デビュー戦で実践した。無死一塁から、4番の岩見には、全力で投げたこの日最速の146キロ直球で空振り三振に斬った。「高めで空振りが取れるのは球の勢いがあるということ」。先月16日の紅白戦では空振りはわずか2球。この日はツーシーム2球を交えただけながら、直球で空振りを4つ奪った。

 紅白戦後から3日後のブルペン投球で右前腕部の張りが出て、投球練習を再開したのは2月26日。「肘を休めてから、変化球の練習ができていなかった」という状況は、まさにケガの功名だった。動画で投球フォームのバランスを見直し、直球の切れに磨きをかけた結果が表れた。

 先頭のヒメネスに四球、3人目の山下に中前打を許したが、走者が出たことで「試合勘が戻った。けん制や間を置いたり、打者と勝負、駆け引きができた」と言う。岩見の打席で2度、山下の打席でも1度のけん制を挟んだ。投球の間を取るものと、刺しにいく2種類のけん制を披露。アウトにはならなかったが、投手としての総合力の高さを見せた。

 平日に鎌ケ谷で行われる教育リーグでは、初めて1000人を超える1306人が集まった。紫色の金足農カラーのタオルを持つファンであふれ「うれしかったです」と吉田輝。次は公式戦。イースタン・リーグの本拠地開幕戦となる19日ヤクルト戦で中継ぎで2イニングを投げる予定だ。 (武田 勇美)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年3月13日のニュース