NTT西日本、逆転サヨナラ勝ち 石山犠飛でタイブレーク制す

[ 2019年3月13日 05:30 ]

全国社会人野球東京スポニチ大会第2日   NTT西日本5―4Honda ( 2019年3月12日    神宮 )

延長10回タイブレーク1死満塁、NTT西日本の石山はサヨナラとなる犠飛を打つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 NTT西日本が逆転サヨナラ勝ちで接戦を制した。タイブレークに入り、無死一、二塁から始まる延長10回。投入したエース吉元が1点をリードされたが、その裏に仙台大出身の新人で5番の辻本が同点適時打。なお1死満塁で石山が決勝の中犠飛を放った。 試合結果

 前日は雨天中止でこの日が「開幕戦」。拓大出身の新人で4番の野村も2安打と活躍し、大原周作監督は「全員で勝ちにいこうと。良い準備をしてくれた」と称えた。 

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年3月13日のニュース