ソフトB大竹 粘って4回1失点、開幕ローテ入り前進

[ 2019年3月13日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク2―4巨人 ( 2019年3月12日    北九州 )

<ソ・巨>6回無死二塁、右越えに2ランを放つ甲斐(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 巨人とのオープン戦に先発したソフトバンク・大竹が、4回3安打1失点と上々の投球を見せた。3回に3連打を浴び、内野ゴロの間に1点を失ったが、4三振を奪う内容に「あまり良くなかったが、状態が良くない中で試合をどうつくっていくか。チェンジアップ、ツーシームとクイックも使いながら投げた」と振り返った。

 66球を投げ終えると、ブルペンでフォームを確認しながら投球練習もこなした。次回登板に向け「思ったところに投げられるようにしたい」と引き締めた。開幕ローテーション入りについて、倉野投手コーチは「まだ確定とまでは言えないが、近づいているのは確か」と期待を寄せた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月13日のニュース