根尾 地元で待望初安打、ソフトB100勝腕・中田撃ち

[ 2019年3月13日 07:45 ]

春季教育リーグ   中日0―3ソフトバンク ( 2019年3月12日    ナゴヤ )

<中・ソ>6回1死、中日・根尾はセカンドへの内野安打で実戦初安打をマークする(撮影・後藤 大輝) 
Photo By スポニチ

 地元デビューを鮮やかに飾った。中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)が12日、教育リーグ・ソフトバンク戦(ナゴヤ)に「6番・遊撃」で先発し「プロ初安打」を記録した。

 新人離れしたフルスイングから放たれた打球は痛烈だった。中前に抜けるかに見えたが、マウンドの傾斜に当たり、わずかに緩んだ。二塁手・三森が追いつき一塁送球。「セーフになってくれ」。根尾の懸命の思いが両足を躍動させ、セーフの判定を勝ち取った。

 「初見の投手を相手に対応できるかが大事。結果的にヒットも出て良かったです」

 相手先発・スアレスの前に2打席凡退し迎えた6回1死からの第3打席。初めて日本人投手の中田と対峙(たいじ)し1ボール2ストライクから内寄り143キロ真っすぐを強振した。「当てるだけでは弱いので、強く振っていく中でアジャストしないとと思っている」。実戦3試合目、通算7打席目での初安打にも冷静そのもの。7回2死一、二塁の好機で二ゴロに倒れた後、交代した。

 阪神のメッセンジャー、ガルシア、ドリスに続き、先発ローテ候補のスアレスに通算100勝の中田と対戦。初安打を献上した中田は「スアレスの速い球でも当てにいくのではなく思い切り振ってくる印象。(安打も)すごい打球が飛んでいったし良い打者だと思います」と脱帽した。

 小笠原2軍監督は「すべてにおいて経験を糧にしてほしい」とし今後はフルイニング出場もさせる方針で、想像以上に早い1軍昇格も視界に入ってきた。

 黄金ルーキーの地元デビュー戦とあり、ナゴヤ球場には開場前から約800人のファンが列を作った。混乱を避けるため午前11時40分だった開門時間を10分早めたが、2軍戦では異例の1383人を集客。「ファンの方は勝ち試合を望んでいたと思う。走者がいる場面でチームの勝ちにつながる安打を」。どこまでも目標は高い背番号7が、ここからギアを上げていく。(湯澤 涼)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年3月13日のニュース