広島・野村 仕上がり万全4回1失点「ゴロアウトが多いのはよかった」

[ 2019年3月13日 15:37 ]

オープン戦   広島―日本ハム ( 2019年3月13日    マツダ )

<広・日>広島先発の野村 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 先発した広島の野村は4回を81球で被安打4、1与四球、1失点にまとめた。

 初回から三者凡退、2回は2死無走者から連打を浴びるも、鶴岡を遊ゴロに抑えるなど上々の立ち上がりを披露。4回先頭の西川にフルカウントから真ん中に入ったスライダーを右中間席へのソロ本塁打とされるも、最少失点に抑えた。

 「立ち上がりはよかった。追い込んでからうまくいかずにフルカウントにするのが多かったのは課題。ボールが低めに集まって、ゴロアウトが多かったのはよかった」

 開幕ローテーション入りはすでに内定。今春の安定感は、先発陣の中でも随一だ。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月13日のニュース