ヤクルト塩見、2号&マルチ 開幕1軍前進も盗塁死反省

[ 2019年3月13日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト4―0ロッテ ( 2019年3月12日    ZOZOマリン )

4回1死 ソロ本塁打を放ち河田コーチとハイタッチするヤクルト・塩見(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 2年目外野手のヤクルト・塩見が2号ソロ含む2安打で開幕1軍へさらに前進。4回1死では追い込まれながら、涌井の105キロスローカーブを左翼席へ。「キャンプでやってきた、追い込まれてからの打撃ができた」。

 2本塁打5打点は広岡と並びチームトップ。ただ本人は8回の盗塁死を猛省。「僕は足の選手。失敗は絶対にいけない」と厳しい表情だった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年3月13日のニュース