中日ドラ1根尾 1軍初打席は空振り三振 ナゴヤDため息…

[ 2019年3月13日 16:39 ]

オープン戦   中日―阪神 ( 2019年3月13日    ナゴヤD )

<中・神>8回無死、根尾は空振り三振に倒れる(投手・石崎)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 中日のドラフト1位・根尾の1軍初打席は、快音が響かなかった。

 7回の守備から途中出場した黄金ルーキー。8回、先頭で打席に立つと相手右腕・石崎から150キロを超す剛速球で攻められ、わずか2球で追い込まれた。3球目、スライダーをカットし、ファウルで粘ったものの4球目の変化球に空振り三振。

 球場はため息に包まれたが、即座にドラ1ルーキーの奮闘に暖かい拍手が送られた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年3月13日のニュース