楽天・則本、前半戦絶望 右肘手術で全治4カ月

[ 2019年3月13日 05:30 ]

楽天の則本昂
Photo By スポニチ

 楽天は12日、則本昂大投手(28)が11日に都内の病院で右肘関節鏡視下クリーニング手術を受け、全治4カ月と診断されたと発表した。

 2月23日の巨人とのオープン戦を首の寝違えで回避。その後は別メニュー調整を続け、3月初旬に受けた精密検査で右肘に損傷が見つかった。石井一久GMは8日に「慢性的な肘の損傷があり、突発的なものではない。チームとしては痛いが、メンテナンスとしての意味合いが強い手術」と説明していた。実戦復帰は早くてもシーズン後半戦で、チームは先発陣の柱を欠いたまま前半戦を戦うことになった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月13日のニュース