広島 長野、9年ぶり左翼も無難 本拠地初安打にはホッ

[ 2019年3月13日 07:40 ]

オープン戦   広島0―13日本ハム ( 2019年3月12日    マツダ )

<広・日>8回表1死、松本の左前打の打球を捕りにいく長野 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・長野久義外野手(34)が12日、日本ハム戦(マツダ)で6回の守備から途中出場し、今春初めての実戦守備となる「左翼」に就いた。7回の打席では中前打を放ち本拠地初安打もマーク。0―13という攻守で収穫に乏しい試合内容の中で、存在感を発揮した。

 6回、長野が左翼位置に向かうだけでマツダスタジアムが沸いた。今春自身初となる実戦守備。「代わったところに打球が飛ぶ」の格言通り、先頭打者の打球が飛んできた。松本のライナー性の飛球を捕球すると、再び大きな声援が送られた。プロ1年目の2010年以来となる左翼守備。試合終了まで守り、アウトに携わった守備機会はこの一度だけだった。

 「(景色が)全然違ったので…」

 4イニングの間に広瀬外野守備走塁コーチから何度も守備位置の指示を受けた。そこには、不慣れな左翼に対応できるようにとの同コーチの計らいがあった。「いろいろと(守備位置を)動かしてしまいました。レフト線に寄りたがる傾向があった。(左翼は)ほぼ初めてみたいなものなので、ゲームの中で慣れていってくれればいい」。

 運も巡ってきた。7回先頭の打席で2ボール2ストライクから浦野の外角スライダーを捉えきれず、打球は遊撃へのゴロ。ただ、替わったばかりの平沼の前で大きく弾み、中前へと転がった。結果的には入団後、本拠地での初安打となった。

 「オープン戦ですけど、シーズン中にああいうのが出ればうれしいですね」

 ここからシーズン開幕に向け、仕上げの段階に入っていく。オープン戦は6試合に出場し10打数2安打、打率・200にとどまってはいるが、11日の全体練習後には若手中心の特打に参加したようにスイング量は豊富だ。迎打撃コーチも「徐々にという感じ。練習でのスイングが力強くなっているのは間違いない」と証言する。

 高ヘッドコーチは「いろいろと考えながらね」と話し、近日中にも左翼での先発出場が解禁されるもよう。3月29日の古巣・巨人との開幕戦に向け、長野のリミッターが一つずつ解除されていく。(河合 洋介)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月13日のニュース