DeNA浜口 5回5安打3失点「直球の精度が物足りない」

[ 2019年3月13日 16:40 ]

オープン戦   楽天3―3DeNA ( 2019年3月13日    静岡 )

<オープン戦 楽・D>5回3失点の浜口(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 先発したDeNA・浜口は5回5安打3失点だった。

 登板予定日に雨天中止が続き、実戦登板は2月21日ヤクルト戦(浦添)以来。初回に先頭の茂木の四球を機に1点を失うと、3回2死満塁からブラッシュに2点適時打を許した。

 3四球を与え、5回で94球を要し「投げ切れたことはよかったが、もっと精度を上げられるように。直球の精度が物足りない。そこをやっていけば変化球も生きてくる」と反省した。

 開幕ローテーション入りは当確ランプが灯っている左腕。ラミレス監督は「最後までスピードが落ちなかったことはよかったが、今日は荒れていた。球数が多かったし、もっといい結果を出せたのではと思う」とさらなる成長を求めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月13日のニュース