日本ハム中田、地元で3戦連続打点「まだタイミングの取り方もうひとつ」

[ 2019年3月13日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム13―0広島 ( 2019年3月12日    マツダ )

3回無死三塁、中田は右中間に適時二塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 日本ハム・中田が地元・広島での試合で1安打2打点。16安打13得点の快勝に貢献した。2回に中犠飛を放つと、3回無死三塁からジョンソンの147キロの直球を中越え二塁打した。

 「打ったからどうというのはない。打ったからうれしいとかいう気持ちはないです」とそっけないが、左内転筋の肉離れから復帰した9日の阪神戦から3戦連続で長打と打点をマーク。「まだボールの見送り方やタイミングの取り方がもうひとつかな」と意識高く話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月13日のニュース