ソフトB甲斐 代打でOP戦1号「力伝えることができた」

[ 2019年3月13日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク2―4巨人 ( 2019年3月12日    北九州 )

<ソ・巨>6回無死二塁、右越えに2ランを放つ甲斐(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・甲斐がオープン戦1号を放った。0―2の6回無死二塁、代打で登場して左腕・高木の直球を右翼席に運び「いい感じでとらえることができた。体の力をしっかり伝えることができた。開幕戦をいい状態で迎えられるようにしたい」と話した。

 工藤監督は「いい意識でやってくれている。彼の力なら逆方向でも入る」と評価した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月13日のニュース