楽天、震災犠牲者へ黙とう 嶋「選手全員が心に刻んで」

[ 2019年3月13日 05:30 ]

オープン戦   楽天7―1DeNA ( 2019年3月12日    静岡 )

東北地方へ向かって黙とうする(左から)嶋、平石監督、銀次ら楽天ナイン(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 楽天は試合前練習が始まる直前、チーム全員が東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげた。震災発生からちょうど8年だった11日は休養日だったため、グラウンドに集合した際に東北地方の方角を向いて哀悼の意を表した。

 嶋は「風化させないためにも、選手全員が大震災があったことを心に刻んで新しくスタートしたい」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年3月13日のニュース