阪神・江越弟、海地が公式戦1号 三菱日立PS連勝

[ 2019年3月13日 05:30 ]

全国社会人野球東京スポニチ大会第2日   三菱日立PS4―3東京ガス ( 2019年3月12日    岩槻川通 )

3回無死、中越ソロを放った三菱日立パワーシステムズ・江越(右)は次打者の矢野と生還後ハイタッチ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 阪神・江越の弟・海地(かいち)が3回にバックスクリーンへ公式戦1号ソロを放ち、三菱日立パワーシステムズの連勝に貢献した。2歳違いで高校も兄と同じ長崎海星。昨年までは代走や守備固めが中心だったが、今季から1番を任されている。122メートルの特大弾に「真っすぐ。打った瞬間、手応えがありました」と高校時代にもなかった公式戦での本塁打に笑顔を見せた。 試合結果

 選手層が厚いチームで競争は激しい。「結果を出し続けないとベンチに下げられます。打撃ではポイントを近くして今年は好調を維持できています」とレギュラー確保に燃えている。正月の自主トレを一緒にこなす兄には「(成績が)なんか歯がゆいんですよね。僕が活躍して兄の尻を叩きたい」と最後は強烈なエールで締めくくった。 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月13日のニュース