巨人ゲレーロ2戦連発 し烈外国人枠争い「集中するだけ」

[ 2019年3月13日 05:30 ]

オープン戦   巨人4―2ソフトバンク ( 2019年3月12日    北九州 )

7回1死一塁、左越え2ランを放つゲレーロ(投手・甲斐野)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 4つの外国人枠を争う巨人・ゲレーロが決勝弾を放った。同点の8回1死一塁から、甲斐野の直球を左翼席最上段に運んだ。2試合連続のオープン戦2号2ランに「開幕が近づいているので結果を出せて良かった。集中するだけ」。

 先発のメルセデス、ヤングマン、守護神候補のクックの投手3枠は決定的で、残り1枠がビヤヌエバかゲレーロという様相。原監督は「ああいうホームランが出ると信頼感が出ますね」と評した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年3月13日のニュース