イチ苦笑い 薄暮で打球見失った「あれは100回来ても捕れない」

[ 2019年3月10日 02:30 ]

オープン戦   マリナーズ3―9カブス ( 2019年3月8日    ピオリア )

<マリナーズ・カブス>初回無死一、二塁、飛球を見失うイチロー(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 マリナーズとマイナー契約のイチローは「9番・右翼」で出場し、二ゴロと空振り三振で2打数無安打。12打席連続無安打で打率・100となった。

 一方、二ゴロの一塁到達タイムは3秒88。4秒を切れば俊足とされ、「足の仕上がりは最も時間がかかる」が持論の背番号51は「今の状態で全力。まあまあだね」と語った。初回の守備では飛球を薄暮の中で見失う場面も。「全く見えない。あれは100回来ても100回捕れない」と笑った。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月10日のニュース