佑 ストライク率59・8%、昨季から大幅増

[ 2019年3月10日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム3―3阪神 ( 2019年3月9日    甲子園 )

<神・日> 2回を無失点に抑えた斎藤佑(左)は石川亮とグラブタッチをかわす(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 9日、阪神とのオープン戦で先発し、3三振を奪うなど2回を完全に抑えた日本ハムの斎藤佑樹投手(30)。甲子園での先発登板はプロ入り後初めて。

 斎藤の昨季3試合でのストライクゾーンへの投球率は約42%だった。今季3試合でのストライク率は59・8%。ストライク率にはボールゾーンでの空振りやファウルも含まれるため単純比較はできないが昨年よりもストライクゾーンへの投球は大幅に増えている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月10日のニュース