ヤクルト・原 上々の侍デビュー「初回は少し緊張」も2回を1安打無失点

[ 2019年3月10日 20:30 ]

侍ジャパンシリーズ   日本代表―メキシコ ( 2019年3月10日    京セラD )

<日・メ>2回、三者凡退に打ち取り、田村とグータッチする原(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 25歳で侍ジャパンに初選出された原(ヤクルト)が2回を1安打無失点。上々の「侍デビュー」を飾った。

 初回はともに右打者の1、2番をいずれも遊ゴロ。得意のシュートで果敢に内角を突いた。2回先頭のフアレスも140キロのシュートで三ゴロ。続くB・エルナンデスも140キロのシュートでどん詰まりの遊飛に打ち取った。

 「初回は少し緊張したけれど、自分の持ち味であるインコースを投げ切れて良かったです」

 外国人選手は腕が長いため、内角に投じて打球を詰まらせるのは効果満点。原は奪三振は0ながらゴロアウトが4つと、らしさを存分に発揮した投球だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月10日のニュース