止まらん!日本ハム・大田 2打席連発&3戦連発 打率も・556

[ 2019年3月10日 16:59 ]

<オ・日>3回、大田は3戦連発となる右越えソロを放つ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの大田泰示外野手(28)が10日、オリックスとのオープン戦(京セラドーム)に「3番・右翼」で先発出場。オープン戦第3、4号となる2打席連続本塁打を放ち、3試合連続本塁打とした。

 1本目は2―2の3回だった。カウント1―0から外角高めの144キロ直球を右中間へ放り込んだ。続く5回は、横手投げ右腕・荒西のスライダーを捉えて左中間席へスタンドイン。

 1試合2本塁打と大暴れの大田は「(1本目は)外の球に逆らわずに逆方向にしっかり芯で捉えることができたのが一番よかった。初球の変化球を見逃した後だったので、直球に自信がある投手だったので、速い球を捉えることができてよかった。(2本目は)追い込まれて粘っていく中で、スライダーも頭に入れてケアしていった結果、甘い球が来てああやって本塁打になってくれた」と納得の表情。

 この日4打席に立ち、2本塁打2四球で打率も・556と驚異の数字となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月10日のニュース