“最後のPL戦士”オリックス・ドラ7中川 初OP戦でマルチ安打+打点

[ 2019年3月10日 09:00 ]

オープン戦   オリックス3―10巨人 ( 2019年3月9日    京セラD )

<オ・巨>4回1死一塁、中川は右前打を放つ(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 「最後のPL戦士」と呼ばれるオリックス・ドラフト7位の中川(東洋大)がオープン戦に初出場し、2安打1打点と活躍した。「ほとんど覚えていなくて、がむしゃらに来た球を打ちました」。4、6回にいずれも右前打。8回1死一、三塁での遊ゴロで初打点も挙げた。16年夏を最後に休部したPL学園出身。母校の4学年先輩の巨人・吉川大と対面し「“ナイスバッティング”と言ってもらえました。開幕1軍を目指してやっていきたい」と話した。

 ▼巨人・吉川大(中川はPL学園の4学年下。自身と同じ2安打1打点を記録した後輩に)あいつもPL魂あるなと。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月10日のニュース