西武ドラ1松本航 浅村斬った、4回零封 開幕ローテ入り決めた

[ 2019年3月10日 05:30 ]

オープン戦   西武8―5楽天 ( 2019年3月9日    倉敷 )

<楽・西>4回無失点と好投した西武先発の松本航(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 浅村斬りで開幕ローテーション入りが確定した。西武のドラフト1位・松本航(日体大)が楽天戦で4回2安打零封。辻監督が「もうローテを予定している。十分試合をつくれる。大事に使っていかないと」と明言した。

 「何とかゼロで抑えられたのは収穫かなと思います」。オープン戦初登板初先発。浅村には初回1死一塁で141キロの直球で遊ゴロ併殺打を打たせ、4回は144キロの外角直球で見逃し三振に仕留めた。楽天にFA移籍した昨年までの主将を相手に「チーム内でも“抑えろ”と言われていた」と結果を出した。

 2回のブラッシュの遊飛は、球場のスピードガンが155キロを計測。この日の直球は140キロ台前半で打球に反応したもようだが、直球は球速表示以上に質が高い。次回登板予定は16日か17日の阪神戦(甲子園)。「しっかり調整法を見つけていきたい」と意気込んだ。(春川 英樹)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2019年3月10日のニュース