楽天 浅村、古巣相手もブーイングなし「やりにくさはなかった」

[ 2019年3月10日 05:30 ]

オープン戦   楽天5―8西武 ( 2019年3月9日    倉敷 )

<楽・西>初回1死一塁、遊ゴロ併殺打に倒れる浅村(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 楽天・浅村にとって移籍後初の古巣との対決は2打数無安打、1四球という結果だった。

 メンバー発表の場内アナウンスや打席に入る際に西武ファンからのブーイングはなし。目の前で西武の強力打線が15安打を放ち「やりにくさは特になかったけど、やっぱり強いチーム。叩かないと上には行けないと改めて感じた」と感想を口にした。初対戦となった西武の松本航については「ゆったりとしたフォームでタイミングが取りづらかった。ボールの見極めが大事になる」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月10日のニュース