メキシコの4番・メネセスまた打った!今季からオリックスでプレー 侍メンバーも脱帽のコメント

[ 2019年3月10日 20:34 ]

侍ジャパンシリーズ   メキシコ―日本代表 ( 2019年3月10日    京セラD )

<日・メ>4回1死、メネセスは右中間に二塁打を放つ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 メキシコ代表の4番・メネセスがまた打った。

 前夜の第1戦は3本の二塁打を含む4打数4安打。侍ジャパンのメンバーからも「凄くいい打者」と脱帽のコメントが相次いだ。今季からオリックスでプレーする26歳。第2戦でも快打を放った。

 5点を追う4回1死で、オリックスのチームメートである山本との「同門対決」で右中間二塁打。146キロの外角直球を逆らわずにはじき返したが、逆方向への打球も強く、伸びがあるのがメネセスの持ち味だ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月10日のニュース