ロッテ ドラ1藤原、驚きの本拠地強風初体験「バットも揺れた」

[ 2019年3月10日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ0―1中日 ( 2019年3月9日    ZOZOマリン )

<ロ・中>新入団選手を代表してあいさつする藤原=手前(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・藤原(大阪桐蔭)が、中日戦で本拠地・ZOZOマリンスタジアムデビューを果たした。7回の守備から途中出場し、8回1死一、二塁での打席は中飛に終わったが、「名物」の風速10メートルを超える風も初体験。「打席に立ったら(体が)揺れていた。バットも揺れた。野球人生でも1、2を争う風でした」と驚きを隠せなかった。

 大阪桐蔭のチームメートだった中日・根尾が2軍戦で実戦デビューした。「どちらかといえば、いきなりバーンではなく徐々に投手に合わせるタイプ。僕が言うのはあれですが、焦らず根尾のペースでやってほしい」とライバルにエールを送った。(福浦 健太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月10日のニュース