日本ハム・吉田輝 ブルペン投球でツーシーム&カーブ解禁 12日デビューへ充実の表情

[ 2019年3月10日 11:53 ]

千葉・鎌ケ谷でブルペン入りし、41球を投げ込む吉田輝
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18=金足農)が10日、千葉・鎌ケ谷でブルペン入りし、変化球を交えて41球を投じた。2月下旬に右前腕部に張りが出てから、初めてツーシームとカーブも解禁するなど経過は順調。12日には、教育リーグ・楽天戦で対外試合初登板を迎えるとあって、「直球は球筋重視の球も、全力で投げる球も全部良い球がいっていた」と充実の表情を見せた。

 前日9日には、同期のドラフト5位・柿木蓮投手(18=大阪桐蔭)が、同リーグで先にデビュー。1イニングを投げ、三振を2つ奪った上で完全投球という内容に、「かっこいい」と刺激をもらった。吉田輝自身同じ条件で、1イニングデビューする予定であるだけに、「お手本にしたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月10日のニュース