巨人 上原、1回10球完全復帰 左膝手術後初実戦「一歩進んだ」

[ 2019年3月10日 05:30 ]

春季教育リーグ   巨人1―2ロッテ ( 2019年3月9日    ジャイアンツ )

<巨・ロ>左膝手術後初の実戦でスプリットを投げる上原(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 土曜日のジャイアンツ球場。詰めかけたファンのお目当ては巨人・上原だった。6回。「ピッチャー・上原」。アナウンスに一番の歓声と拍手が起きた。

 「(左膝を)気にすることなく投げられた。一歩進んだと思う」

 9日の教育リーグ・ロッテ戦で、昨年10月に左膝の手術を受けて以来の実戦登板。「3人ともフライアウト。自分の持ち味。球速は出てなくてもボールの下に(バットが)当たっている。そこは満足している」先頭・加藤は遊飛、続く清田を一邪飛、最後の安田も左飛に打ち取った。いずれも力のない飛球。1回無安打無失点の貫禄勝ちだった。

 万全の身体とともに、代名詞であるテンポの良い投球が戻ってきた。全10球。「全部投げましたね」と直球にスライダー、カット、スプリットを交ぜた。球場表示の最速は135キロだったが、球団のスピードガンでは137キロを記録。「打者の打ち(取られ)方を見ると“悪くないな”と」。対打者を経験し、好感触を得た。

 昨年のこの日は、10年ぶりの巨人復帰が決まった日。くしくも今年は術後初実戦と重なり、2年連続で「再スタート」を意味する一日となった。レジェンド右腕が今季は自由契約も経験し、背番号は長年慣れ親しんだ「19」での再出発。「長い間、リハビリに付き合ってくれたスタッフの方たちに感謝したい」との思いを口にした。

 開幕1軍を目指す。「そういう(1軍登板の)気持ちはいつでも持ってます。ただ声が掛からないだけで」と笑いを誘ったが、報告を受けた原監督は「状態は非常に上がってきていると聞いています。いい階段は上っていると思います」と評価する。今後のファームでの登板の内容次第では、オープン戦中の1軍に合流する可能性がある。

 17、18日には東京ドームで巨人とマリナーズとの親善試合も控えている。話を振られると「イチローさんに投げたいですね。それは正直な気持ち。チャンスがあれば投げたいですね」と力強く即答した。。「イチロー対上原」が日本で実現すれば大きな話題となるのは間違いない。そのためには上原の1軍合流が絶対条件となる。

 この日上原の後を受けて投げたクックや、吉川光、戸根、桜井、大江らが競う中継ぎ陣だが、勝利の方程式はまだ構築している途中。上原も入れば、競争はさらに熾烈(しれつ)になり、結果的に厚みも増す。大きな手術を乗り越え、復帰を果たした背番号19。1軍マウンドで躍動し、正真正銘の完全復活を遂げる。(川手 達矢)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月10日のニュース