ヤクルト 新外国人スアレス、開幕ローテ有力 4回1失点に満足げ

[ 2019年3月10日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト3―4ソフトバンク ( 2019年3月9日    タマスタ筑後 )

<ソ・ヤ>力投するヤクルト先発・スアレス(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ヤクルト新外国人スアレスの開幕ローテーション入りが有力となった。3回無死一、三塁から併殺の間に失点したが、最速151キロの直球にカーブなどの変化球を交え4回2安打1失点。「ストライクゾーンに攻撃的な投球ができた」と満足げで、田畑投手コーチは「(先発枠に)入ってくるんじゃないですか」と評価した。

 2番手で登板した星も4回1失点。ただ、こちらは「内容が良くない。ボール先行になってしまった」と反省していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月10日のニュース