マー君 開幕投手最有力「任されたらしっかりマウンドに立ちたい」

[ 2019年3月10日 02:30 ]

オープン戦   ヤンキース5―6タイガース ( 2019年3月8日    タンパ )

<ヤンキース・タイガース>3回1/3を2失点だった田中
Photo By 共同

 ヤンキースの田中が着実に調整の段階を踏んだ。オープン戦2度目の登板で3回1/3を4安打2失点。甘いカットボールを被弾するなど「思うように制球できていない」と反省した一方で、「メンタルのコントロール、次の一球への気持ちの持っていき方などで収穫はあった」と振り返った。

 3回には得意のけん制球で二塁走者を刺す場面もあった。この日も発表は見送られたが、米メディアは開幕投手の最有力候補と報道。セベリーノの離脱を受けての状況だけに、競争を勝ち抜いた過去3回とは違うと理解しつつも「任されたらしっかりとマウンドに立ちたい」と話した。(杉浦大介通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月10日のニュース