DeNA 京山8失点、阪口2失点 開幕ローテへアピールできず

[ 2019年3月10日 05:30 ]

オープン戦   DeNA5―12広島 ( 2019年3月9日    福山 )

<広・D>力投するDeNA先発の京山(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 DeNA期待の両腕が開幕ローテーション争いから後退した。先発した3年目の京山が3回1/3を9安打8失点。予定の4回を投げきれず「全体的に球が高かったのと、直球の球速も速くなかった。課題の残る試合だった」と肩を落とした。5回から登板した2年目の阪口も3回2失点。3四球と制球に苦しみアピールできなかった。ラミレス監督は「京山には正直もう少し期待していた。簡単な投手になってしまった」と厳しい言葉を並べた。

 ▼DeNAソト(初回2死から先制の右越えソロ)しっかり芯で捉えることができた。(左肘の張りで7日は欠場も)今の状態はいい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月10日のニュース