吉田正が先制打 侍初選出初打席で快打「しっかり振れて良かった」

[ 2019年3月10日 05:30 ]

侍ジャパンシリーズ   日本2―4メキシコ ( 2019年3月9日    京セラD )

<メキシコ・日本>初回、吉田正がL・メンドーサ(手前)から先制の中前適時打を放つ(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 吉田正が快音を響かせ、オリックスでプレーする本拠地・京セラドーム大阪のスタンドを沸かせた。初回2死一、三塁。日本ハム、阪神でプレーしたL・メンドーサの140キロ直球を中前へ。先制適時打に「自分のスイングをしようと思って、しっかり振れて良かった」と振り返った。

 25歳で初選出。「初めてユニホーム着て1打席目。ちょっとふわふわしたところもあった」。それでも最初のスイングで仕留める。8回2死でも中前打を放ってマルチ安打だ。

 「日本では戦わないタイプの投手ばかり。試合の中での感覚とか、(打席に)立ってみて分かることもあるので良かった」。国際舞台での経験こそが今後の糧になる。層が厚い外野手にあって、フルスイングの侍が存在感をアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年3月10日のニュース