日本ハム・清宮 アリゾナ春季キャンプでまずは9日のチーム初実戦出場に照準

[ 2019年2月1日 22:48 ]

キャンプ施設に到着した清宮(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 3年ぶりのリーグ優勝と日本一を目指す日本ハムは1日(日本時間2日)、4年連続4回目となるアリゾナ州での春季キャンプをスタートさせる。

 高卒1年目の昨季に7本塁打をマークして大器の片りんを見せた清宮幸太郎内野手(19)は早朝にクラブハウスに到着して「病み上がりで振る量も調整しながらになるけど100%に近付けるように練習していきたい」と意欲。チーム初実戦となる9日(日本時間10日)の紅白戦出場を視野に調整を行っていく。

 清宮だけでなく、主将2年目を迎える中田や昨季未勝利に終わった斎藤、新加入組では16、17年に台湾ラミゴで打率4割をマークした王柏融、前オリックスで通算120勝の沢村賞右腕の金子など話題は満載。現地時間12日までダイヤモンドバックスなどのメジャー球団もキャンプを行う充実した施設で各選手が開幕に向けた準備を進める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月1日のニュース